閉じる

お知らせ

CHECK HOUSE × SE構法(耐震編)

こんにちは。チェックハウス広報です。このたびCHECK HOUSEでは、高い耐震性と柱をなくした大空間を実現するSE工法の施工店に加盟いたしました。前回はSE構法でできるデザインの部分についてご紹介しました。大きな大開口と高い自由度の間取り。平屋はもちろん2階建て住宅など、自由度と高い剛性の家づくりが可能になり、新たなアプローチの注文住宅をご提案させていただきます。さて今回は、自由度の高いSE構法の強さの部分についてお伝えいたします。

 

 

地震に強い 優れた耐震性能とは

SE構法の家づくりは、強度が高く品質の安定した構造用集成材を柱・梁に使用。その柱と梁を専用のSE金物で剛接合したラーメン構造がSE構法です。柱と梁(はり)からできた構造体の接合部を、溶接など一体化させるように接合(剛接合)することで、強靭な「枠」を形成した構造の建築物を呼びます。 語源はドイツ語の「Rahmen(額縁の意味)」からきています。 さらに全棟に対して構造計算を行い、耐震性のチェックを行います。このデザイン性と剛性の一貫したソフトとハードの両立こそ、デザインの自由度と安心の家の躯体強度の向上が果たせます。少し専門的な説明になるので分かりやすくご説明をしたいと思います。

 

 

強度が高く品質の安定した「構造用集成材」

チェックハウスでも、この高強度の集成材を使用した従来の家づくりと同様に、SE構法の構造躯体に使用する木材には、全て「構造用集成材」が使われています。この「構造用集成材」とは、木材を科学的に計算しながら張り合わせた「エンジニアリングウッド」のことです。一般的に自然のままの木材は、乾燥の度合いや強度が「わかりにくい」「ばらばら」というケースがほとんどですが、構造用集成材は、強度や性能が明確であるということは、「どの部分にどの部材を採用するか」を安心して決められるということでもあります。

 

 

柱と梁の接合部の断面欠損が少ない専用金具

 

 

柱の連結部の強化

SE構法では、特殊な金物を使うことでその断面の欠損が少ないというメリットがあります。また、乾燥している集成材ということで、木造自体の収縮も少なく、なおかつボルトやドリフトピンで強固に接合しているので、熊本地震でも注目された「連続した揺れ」に対しても非常に強いと言えるます。こうした接合部の強度を安定さるための金具の採用が一般的な工法よりも高い耐震性をかなえる一つの要因です。

 

 

阪神淡路大震災

基礎の連結部の強化

大きな地震による揺れが発生した時に、最も壊れやすい部分が柱と基礎の連結部分です。建物が大きく揺れるとその主要な柱に大きな引き抜きの力がかかってしまうのです。この柱の引き抜き強度というものは「阪神淡路大震災」以来、大地震の際には大きく注目されました。SE構法では、「柱脚金物」という特殊な金物で、基礎と柱が直接連結しているので、その引き抜き耐力が大きく向上しています。こうした木と木が組み合う部分を強化することで、家の強さと同時に、自由度の高い空間デザインを叶えることができます。

 

 

数値に裏付けられた「構造計算」

チェックハウスの家づくりでも、構造計算にあたる強度の確認をプレカットの段階で家全体の柱の数や各所の太さから計算させていただいております。また耐震のための免震装置なども随時ご提案をさせていただいております。そしてこのSE構法が地震に強いと言える最大の理由はこの「構造計算」というシステムにあります。ビルやマンションなどの鉄骨造や鉄筋コンクリート造の世界では常識的に行われている手法で、意匠設計士がデザインした設計計画に対して、大きな地震や台風がきても建物が壊れないように、専門の構造設計士が様々な角度から数値的に計算をして、その部材や太さなどを決めていく行為です。もちろん、「耐震等級」についても最高等級を取得可能です。これも科学的に耐震性の高さを裏付ける大きな要素となります。また、柱の間に入る強度のある面材の効果もあるので、更に地震に強い家を実現できます。

 

神戸港震災メモリアルパーク

 

東日本大震災でも倒壊ゼロの実績

 

SE構法が生まれた大きなきっかけは「阪神淡路大震災」からだそうです。あの時にとても多くの木造住宅が壊れたしまった現状を検証し、「大地震でも絶対に壊れない木造住宅を日本中に広めたい」という理念で「SE構法」は開発されました。その後日本で発生した「中越地震」や「東日本大震災」「熊本地震」において、「SE構法」で建てられた住宅はどの地震においても1棟も壊れないという驚きの結果が驚きでした。

わたしたちチェックハウスの安心して快適な毎日を送っていただく家づくりを叶える思いに応える工法です。これから、家づくりをチェックハウスでお考えの方で、こうした自由度と高い耐震性の両立をSE構法の家づくりをご提案させていただきます。

そして地震は、本当に忘れた頃にやってくるもの。リゾートの家づくりでありながら、家が一番安心と思えること。お客様の幸せのための家づくりをいつも胸に、チェックハウスの家づくりの挑戦はこれからも続きます。

 

 

この場所にしかない価値をお客様と

わたしたちチェックハウスがこれからも変わらぬ思い。それはチェックハウスで建てていただいたお客様と一生のお付き合いを通して、お客様の皆様が素晴らしい人生を送っていただくことです。これからもチェックハウスは、感動していただくBE EMOTION(毎日、一生、胸躍る家を建てよう)わたしたちのコンセプトを目に見える形にしていきます。現在、土日を中心に現地見学会や各ショールームも一般公開を行っております。

これから、チェックハウスで家をお考えの方は、この機会に是非お申し込みをお待ちいたしております。

まだまだ新型コロナ感染拡大のリスクは今も変わらず、わたしたちチェックハウスも、ネットでのご相談のご対応や見学会場のアルコール消毒など引き続き感染予防につとめてまいります。

 

 

イベント情報はこちら

 

施工例はこちら

SHOWROOM | ショールームのご案内

OGAKI 大垣ショールーム
OGAKI
大垣ショールーム
GIFU 岐阜ショールーム
GIFU
岐阜ショールーム
KITAGATA 北方ショールーム
KITAGATA
北方ショールーム
Toyokawa 豊川ショールーム
TOYOKAWA
豊川ショールーム
可児ショールーム
KANI
可児ショールーム

YOKKAICHI 四日市スタジオ
YOKKAICHI
四日市スタジオ(三重県)
KYOTO 京都スタジオ
KAKOGAWA
加古川スタジオ(兵庫県)
NISHINOMIYA 西宮スタジオ
NISHINOMIYA
西宮スタジオ(兵庫県)
OSAKATSURUMI 大阪市鶴見区スタジオ
OSAKATSURUMI
大阪市鶴見区スタジオ
(大阪府)
SAKAIKITA 堺市北区スタジオ
SAKAISHIKITA
堺市北区スタジオ
(大阪府)
TOGO-CYO 愛知郡東郷町スタジオ
TOGO
愛知郡東郷町スタジオ(愛知県)
JOETSU 上越スタジオ
JOETSU
上越スタジオ(新潟県)
WAKAYAMA 和歌山スタジオ
WAKAYAMA
和歌山スタジオ(和歌山県)