閉じる

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2年連続 特別優秀賞 受賞  2018審査委員賞 受賞 House of the Year in Energy 2017/2018 特別優秀賞 ハウス・オブ・ザ・イヤー House of the Year in Energy 2017/2018
24時間365日快適生活全館空調システムMirai 24時間365日快適生活全館空調システムMirai

”大人のリゾート”へ
人生をバケーションに
する住まい

オールシーズン穏やかな室温をキープ
全館空調システムMiraiで
バカンスを日常に…

高気密・高断熱な
住宅だからできる
省エネルギーシステム

全館空調システムMiraiは高気密・高断熱な躯体性能を有する住宅に家庭用高効率エアコン1台で
全館空調する省エネルギーシステムのことです。
国が定める長期優良住宅の基準を大幅に上回る断熱性能・気密性能があります!

Mirai省エネルギーシステム

長期優良住宅

2009年6月に施行された法律「長期優良住宅法に」基づき、都道府県の知事等から認定された「耐久性や耐震性に優れ、改修も容易な住宅」のこと。認定には特に品質・性能面で設定された基準値をクリアしていることが求められている一方、様々な税制優遇を受けることができます。

UA値

住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど断熱性が高い。

C値

延床面積あたりの隙間量を表し、数値が小さいほど機密性が高い。

各部屋の温度差を
なくして
ヒートショックを防ぐ

ヒートショックとは、家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことを言います。
急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあり大変危険です。
Miraiは全館空調なので室内の温度差が小さく、部屋を出ても寒くないのでご家族をヒートショックのリスクから守ります。

ヒートショックを防ぐ ヒートショックを防ぐ

居室やキッチン、廊下、トイレ、洗面とMiraiなら家のどこにいても快適空間。

1年中気持ちのいい
快適生活を

冷え込む冬の季節からやじめじめとした梅雨の時期、夏の暑い時期でも快適で過ごしやすい空間を実現。
さらに、快適に過ごしやすいポイントをご紹介します。

Checkpoint
  • 床面排気なので、ハウスダストを巻き上げることなく除去。小さなお子様にも安心。
  • 冬は素足でも床がほんのりと暖かい。
Checkpoint
  • 室内が常に心地よいから寝つきが良い。
  • 起きたら暑い・寒いが無く、朝目覚めたときから快適。
  • 梅雨時の部屋干しも一晩で乾く。
吹き抜けでも快適

吹き抜けでも快適

吹き抜けは、開放感あり広々と感じることができて、さらに明るさの確保もできます。よく挙げられるデメリットとしては、冷暖房の効率が下がって光熱費が高くなってしまうことではないでしょうか?
Miraiの全館空調であれば、大空間でありながらも各部屋と温度も変わらずに、快適に過ごすことができ、光熱費も抑えることができます。
吹き抜けでも過ごしやすいため、自由に空間設計をすることが可能になり、理想な住まいを実現させましょう。

吹き抜けでも快適

本体も室外機も
すべて1台で

素敵な家ができたのに、お庭にエアコンの室外機を何台も置いてては、せっかくこだわった世界観を損なってしまいます。
Miraiは空調関連機能を集中させるため、従来の住宅に比べ外部の換気フードやエアコンの室外機などの数を減らすことができます。

Miraiの仕組み

Miraiの仕組み

床面に設置した排気口から汚れた空気を吸い込み、ダクトを通じて1F床下へ集めます。

集めた空気の熱を熱交換ユニットに貯めてから屋外へ排気します。

熱交換ユニットに貯めた熱を利用し、外部の新鮮な空気を暖め(夏は冷やし)て1F床下へ取り込み、循環する空気と混ぜ合わせ室内へ供給します。

空気の流れの仕組み

熱交換の仕組み

PM2.5フィルターの仕組み

お客様の声

I様

リゾートにはしょっちゅう行けないから、 我が家をリゾートにしたかったんです

よく石垣島やバリへ出かけていたというIさま。「そんなにしょっちゅう行けないでしょ。だから、家をリゾートにするというチェックハウスさんのコンセプトにはすごく共感しました。それと一年中快適に過ごしたいから、全館空調もマスト。どちらも満たして、完全自由設計で思い通りの間取りが描けるので、チェックハウスさんに決めました。」暮らしはじめて間もないですが、すでに全館空調の効果は実感されているそうで、「蒸し暑い日も爽やかでした」というコメントをいただきました。

H様

真夏日でも家の中は27℃。冬布団はいりません。 快適すぎてダメになりそう(笑)

以前、厳しい暑さとひどいカビに悩まされていたというHさま。その悩みを解決するために選んだのが全館空調でした。「チェックハウスさんのシステムは大掛かりな設備も必要なく、エアコンを全室に設置するよりも経済的で合理的。ランニングコストも下がりそうだと思いました。真冬日でも家の中は27℃あって快適でした。冬用の布団や毛布を使って寝ると寒いので、処分しようと思います。快適すぎてダメになりそうです(笑)」。

M様

「もう旅行に行かなくていいかも」毎日がリゾートになる全館空調の家

家じゅうの温度差を無くし、夏も冬も快適な室温にしてくれる全館空調システム、一目を気にせずBBQやアウトドアライフを楽しめる中庭、肌触りが優しく、質感高い自然素材を使って建てる家は、『もう旅行に行かなくてもいいかも』と感じるほどの、贅沢な住み心地です。
その心地よさに惹かれ、全館空調を採用したMさま邸は、40℃近い日でも27℃設定で家じゅうが27℃です。玄関からすでに涼しく、家の中に温度差がなく、快適に過ごせています。

よくある質問

エアコンは一年中つけっぱなしにしないとダメですか?

春・秋など過ごしやすいシーズンは、エアコンをOFFにしていただいても構いません。但し、新鮮な空気を室内へ供給するために、送風ファンは常に稼働させてください。

使用していない部屋については、節電のため送風ファンを切ってもいいですか?

送風ファンを切った部屋は調温されなくなり、宅内に室温差のある部屋を作ってしまいます。熱は高い方から低い方へ伝わる性質があるため、隣接する部屋から送風ファンを切った部屋へ熱が逃げてしまいます。逃げた熱の分冷暖房効率が落ち、エアコンへの負荷が高まるので、結果電気代UPにもつながりかねません。

 

また、送風ファンを切った部屋は空気の循環も悪くなるため、湿気を含んだ空気がその部屋に滞留してしまうことも考えられます。よって送風ファンは常に稼働させていただくようお願い致します。

夏と冬、それぞれエアコンの設定温度は何℃を目安にすればいいですか?

過ごしやすいと感じる室温として『夏27℃・冬21℃』を目安としています。これらの室温にするのに、夏の冷房は23℃・冬の暖房は25℃でエアコンの温度設定をして下さい。

 

※それぞれの住宅によって空調の効き具合は変わりますし、過ごしやすいと感じる室温には個人差もあります。これを一つの目安として温度設定いただき、エアコン運転後室温が安定してきたら、室内温度計で実際の室温を確認しながら、各ご家庭で調整いただくことをお勧めします。

なぜシステムキッチンとシステムバスの換気扇は個別に必要なのですか?

2003年7月以降設置が義務付けられた『24時間換気システム』は、あくまで“シックハウス症候群の予防”をおもな目的としているため、臭いや湿気などの主な対策にはなりません。

 

料理で発生する油煙や湿気などの調理排気、タバコの煙などはレンジフードファンを回さないとキッチンやそれにつながるリビングなどにこもったままとなり、空気を汚す原因になります。

 

(Miraiの場合、汚れた空気が建物内を循環してしまう)また湿気の多い浴室などは、24時間換気システムの働きだけでは空気の入れ換えが不十分になってしまう可能性があります。そのため、24時間換気システムを稼働させながら、併せてキッチンや浴室の局所換気も行っていくことが求められます。

チェックハウスの
家づくり

SHOWROOM | ショールームのご案内

OGAKI 大垣ショールーム
OGAKI
大垣ショールーム
GIFU 岐阜ショールーム
GIFU
岐阜ショールーム
KITAGATA 北方ショールーム
KITAGATA
北方ショールーム
Toyokawa 豊川ショールーム
TOYOKAWA
豊川ショールーム
可児ショールーム
KANI
可児ショールーム

YOKKAICHI 四日市スタジオ
YOKKAICHI
四日市スタジオ(三重県)
KYOTO 京都スタジオ
KAKOGAWA
加古川スタジオ(兵庫県)
NISHINOMIYA 西宮スタジオ
NISHINOMIYA
西宮スタジオ(兵庫県)
OSAKATSURUMI 大阪市鶴見区スタジオ
OSAKATSURUMI
大阪市鶴見区スタジオ
(大阪府)
SAKAIKITA 堺市北区スタジオ
SAKAISHIKITA
堺市北区スタジオ
(大阪府)
TOGO-CYO 愛知郡東郷町スタジオ
TOGO
愛知郡東郷町スタジオ(愛知県)