閉じる

Blog

チェックハウスの平屋スタイル

チェックハウス広報です。今までなかなかお伝えできなかったチェックハウスの家づくりについて数回にわたりお伝えさせていただきます。今回は、チェックハウスの平屋についてです。

チェックハウスにご来店いただくお客様から、チェックハウス = 平屋建てと言われることも多いのですが、わたしたちのリゾートのような暮らしの原点とも言える家のスタイルなので、自信を持ってお届けしております。今回は、チェックハウスの平屋誕生から、現在のチェックハウスの平屋スタイルをお届けしたいと思います。

チェックハウス流、平屋スタイルの誕生

【社員旅行で訪れたハワイのリゾートハウス】

今から約16年前。平屋建てといえば、従来の日本家屋がほとんどで、贅沢で広大な土地を持つごく一部のお金持ちの家というイメージが定着していました。また一般的な住宅は2階建てが住宅イメージとして定着していましたので、なかなか平屋に住みたいという要望がなかったことを覚えています。 初めて「平屋の家」にチャレンジしたのが2004年。私たちが当時社員旅行で訪れたハワイで体感した非日常的な世界観を目の当たりにし、わたしたちの家づくりにも反映したいという思いが生まれました。帰ってすぐに実験的に平屋の社長宅を建築。その時の苦労は今も忘れませんが、それ以上に大きな喜びと感動、住み始めてからの心の変化がありました。

【チェックハウスの平屋。第1号の新聞折込フライヤー】

平屋住宅第一号の誕生

社長の自宅を平屋にしトライエラーを繰り返し間もなく、いよいよ本格的な平屋の企画に踏み切ります。この当時、まだ分かりやすい家のスタイルがなかったので、あのハワイの経験そのものをコンセプトにしようと、”リゾートスタイル”という今のチェックハウスのスタイルも同時に誕生しました。 このリゾートスタイルをコンセプトに”コートハウス”という名前で誕生したのが第1号です。今のスタイルに近いコの字型で、余裕のある十分な土地に、当時は他では見たことのない平屋のスタイルでした。 今はネットやホームページが身近にありますが、当時新聞の折込チラシのみで発表した際はどんな反響があるのか、内心怖い思いもありました。完成見学会をしたところ、今までにない反響で一日200組の方が連日見に来てくださり、新しい住宅のスタイルに皆様の輝かしくキラキラした目を今でも忘れません。 わたしたちの、チェックハウスの平屋づくりがここからスタートした瞬間でした。

【平屋イメージスケッチ】

その後、第二弾・第三弾と平屋建てのご注文をいただき、時代にフィットしたチェックハウス流の平屋へと進化を遂げて現在に至ります。そしてわたしたちは、創業当時から家のスタイルとは別に、住まい手のことを第一に考える家づくりも大切にしてきました。例えば、壁紙を珪藻土にして、まるで呼吸するような湿気の起きにくい家自体の健康への気遣いも、現会長が創業当時からのこだわりです。また、今では当たり前の無垢床も、裸足の足元から伝わるぬくもりと心地よさも、全ては住まう人のため。そうした住まう人への思いが平屋はもちろん、夢を実現いただくお客様の豊かな暮らし繋がっていればと思います。

今回は、チェックハウスの平屋スタイルができるまでのお話をさせていただきました。ほんの10数年前には無かった平屋のスタイルを先駆けて着手させていただいた、平屋のパイオニアだからこそ、見た目だけではないスタイルを持ったチェックハウス流の平屋を、これからもお客様のご要望にお応えしながら作り続けてまいります。

次回は、現在のチェックハウスの平屋デザインをご紹介したいと思います。

SHOWROOM | ショールームのご案内

OGAKI 大垣ショールーム
OGAKI
大垣ショールーム
GIFU 岐阜ショールーム
GIFU
岐阜ショールーム
KITAGATA 北方ショールーム
KITAGATA
北方ショールーム
Toyokawa 豊川ショールーム
TOYOKAWA
豊川ショールーム
可児ショールーム
KANI
可児ショールーム

YOKKAICHI 四日市スタジオ
YOKKAICHI
四日市スタジオ(三重県)
KYOTO 京都スタジオ
KAKOGAWA
加古川スタジオ(兵庫県)
KOBE 神戸スタジオ
NISHINOMIYA
西宮スタジオ(兵庫県)