Background Image

頼れる「住宅完成保証制度」導入

頼れる「住宅完成保証制度」導入

(財)住宅保証機構の「住宅完成保証制度」とは?

(財)住宅保証機構の住宅完成保証制度とは、万が一、住宅の建設中に、建設会社の倒産などによって、工事ができない状態になってしまった場合に、公的機関がそれを保証してくれるシステムです。
このシステムを運営するのは(財)住宅保証機構で、国土交通省の指導のもとに設立された公益法人です。
特長としては、前払い金の損失や追加で必要な工事費用(増嵩工事費用)を(財)住宅保証機構が保証します。

[図](財)住宅保証機構の「住宅完成保証制度」 住宅完成までサポート 1.増嵩工事費用の保証 2.前払い金の損害補償 希望により代替履行業者あっせん

(財)住宅保証機構の「住宅完成保証制度」の保証内容

1.増嵩工事費用の保証

『増加した工事費用』を保証します。工事が引き継がれても、工事費が増えてしまうことが一般的です。この制度では、その増えてしまった工事(増嵩工事)費用を当初の請負金額の20%を限度額として保証いたします。

2.前払い金の損害保証

『前払金の損害』を保証いたします。
前払い金などを工事完了部分より多く支払っている場合は、委託契約の範囲以内で保証します。
差額が生じた場合の損害に対して、当初の請負金額の20%を限度額として補償金をお支払いします。

信頼できる業者だからこそ登録できます

(財)住宅保証機構の住宅完成保証制度の登録には厳しい審査があります。
その審査を通過した信頼の置ける業者のみ登録が認められている制度です。

現在(2011年)(財)住宅保証機構の住宅保証制度は、岐阜県全体で26社、西濃地域では4社しか登録できていません。
チェックハウスはそのなかの一社です。
登録を審査する(財)住宅保証機構から、優良業者だとお墨付きをいただいていますので安心して弊社にお任せください。